マンチェスター・ユナイテッドがCLベスト8進出!パリ・サンジェルマンはアウェーゴールのアドバンテージを生かせず

UEFAチャンピオンズリーグ
スポンサーリンク

CL(チャンピオンズリーグ)ラウンド16、マンチェスター・ユナイテッドがアウェーでパリ・サンジェルマンを3-1で下し、ベスト8進出を決めました。アウェーのオールドトラフォードでパリ・サンジェルマンは2-0と勝利していましたが、そのアドバンテージを生かすことができず敗退。

スポンサーリンク

ホーム&アウェーのトータルスコア3-3。アウェーゴールの数でユナイテッド勝利

アウェーゴールの数が、マンチェスター・ユナイテッドのベスト8進出を決めました。ホームで2失点以上したチームが次のラウンドに進むのは、CL史上初とのことです。

【UEFAチャンピオンズリーグ|ハイライト】UCL史上初の逆転勝利でベスト8進出決定!|PSG×マンチェスター・ユナイテッド|2018-19シーズン・ラウンド16 2nd Leg|2019.3.7

ルカクの決定力とゴールへの嗅覚はまさにストライカー

ベルギー代表のルカクが2得点と大暴れ。パリ・サンジェルマン守備陣の不用意なパスに反応した1点目は、スプリントとメンタルの強さが証明されたシーンでした。あそこを狙っている姿勢はさすがとしか言えません。DFからすれば、一瞬の油断も許されない。

2点目のシーンもストライカーらしい得点。ラッシュフォードの強いミドルをブッフォンが弾き、そこに詰めていたルカク。ラッシュフォードのミドルは強烈でしたが、名手ブッフォンからすれば弾いた場所が悪かったです。しかしそこにいるルカクは見事でした。

勝負を分けたのはVAR判定によるPK

マンチェスター・ユナイテッドの3点目は、ダロトのミドルシュートから。強烈なミドルがキンペンベの手に当たりVARによるPK判定。VARが試合を決める形となりました。キンペンベからすれば不運と捉えても良いでしょう。

VARが導入されてからというもの、VARが試合を決めるようなケースが多く見られるようなケースが多くなったように思います。

ベストメンバーではないユナイテッドが勝ち切れたのは大きい

CLは何が起こるかまったくわからないということが、具体的に証明された試合でした。それでもポグバやマティッチら主力のいないマンチェスター・ユナイテッドが勝ち切れたのは、底力の強さとスールシャール監督の采配によるものが大きいでしょう。

近年低迷の続いていたマンチェスター・ユナイテッドですが、復調の兆しを見せることができた一戦でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました