サッカーの「裏への飛び出し」って何?DFの背後を狙うのは攻撃の基本!

サッカー用語
スポンサーリンク

サッカーの実況でよく聞かれるのが「裏への飛び出し」です。なんとなく耳に入ってきているものの「裏」とはどういう意味なのでしょうか?また「飛び出す」とは?答えは「DFの背後を狙う動き」のことです。「裏への飛び出し」はサッカーならではの用語です。頭に入れておくと、サッカー観戦がもっと楽しくなりますよ。

スポンサーリンク

サッカーでいう「裏」と「飛び出す」とはどういう意味?

サッカーでは「裏」「飛び出す」という用語がよく用いられます。実況や解説でもよく聞かれますよね。一体どういう意味なのでしょうか?

「裏」とは「DFの背後」という意味になります。攻めている側からすれば「相手DFの背後」で、具体的な場所を指すとすれば「DFとGKの間」です。

「飛び出す」とは簡単に言えば「走っていく」ということ。

つまり「裏への飛び出し」とは「DFの背後に走っていく」という攻撃の動きのことを言います。

なぜ裏への飛び出しがサッカーでは有効な攻撃なのか?

サッカーにおいて攻撃をする際の基本となるのが「裏への飛び出し」です。ではなぜ「裏への飛び出し」は有効な攻撃方法なのでしょうか?前述した通り「裏への飛び出し」は「DFとGKの間に走っていく」という意味です。

ディフェンダーの背後は死角

守っている側からすれば、自分が見えていない範囲にいる相手は、とても驚異です。予想がつかなかった場所に相手がいれば、一気にピンチを招いてしまいます。「裏」とは「DFの背後」のことなのでディフェンダーからすれば死角になります。つまり見えていないところに走られると、ディフェンダーからすればとても厄介なのです。

GKとDFの間にボールがいくと一気にピンチ

言わずもがな、GKとDFの間で相手選手にボールが渡ってしまうと、一気にピンチになってしまいます。逆に攻めている側からすれば、大きなチャンスとなるでしょう。そのため、FWは常に相手DFの「裏」を狙ったプレーを心がけるようにしています。

裏への飛び出し、具体的にどんな動き?

実際にどのような動きが「裏への飛び出し」なのか、動画で確認してみましょう。この動きが分かるようになれば、選手の何気ない動きにも面白さを感じられるようになるでしょう。

ディフェンスの視野から消え裏を取る動き 柿谷曜一朗

セレッソ大阪の柿谷選手が決めたゴールです。柿谷選手が相手DFの背後(死角)から、相手GKの前に走り込み、ゴールを決めているのが分かります。

攻撃時の「裏への飛び出し」のポイントは「パスに対する反応」「相手DFの視界から消える技術」「一瞬でDFを置き去りにするスピード」です。柿谷選手はあらかじめDFの背後にポジションを取って視界から消え、ロングパスにいち早く反応し、一瞬で相手GKとDFの間に走り込みました。意識していないとできない素晴らしい動き、ゴールです。

裏への飛び出しを意識してサッカーを観戦すればもっと面白い!

サッカーの攻撃において「裏への飛び出し」は、相手GKと一対一のチャンスを一気に作れる一撃必殺の攻撃です。FWがダイナミックに裏に走り込む様子は、見ている側からしても迫力のある展開と言えるでしょう。サッカー観戦をするとき、ボールを持っていないときのFWの動きや相手DFとGKの間のスペースを見るようにすれば、もっと楽しく観戦できるようになりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました